自分の興味の赴くままにIT技術系のネタを取りとめもなくメモっています。
Ruby言語やLinuxのネタが多いです。

October 21, 2002

[Ruby] ルービ新改宗者 英語直す(ruby-dev MLのここここ)

ネタだとしたらかなり高レベルだ。が、もちろんネタではない。

まぁ、オレの英語もこんなんだろうなぁ、ネイティブの人から見たら(^^;)。

#でも、ルービって....(^^;)。

まつもとさんのリプライも深い(^^;)。


October 21, 2004

[Ruby-GNOME2] Rabbit-0.0.4

リリースされたようです。ruby-talkでもアナウンスがありました。いよいよ世界進出ですね(^^;)。Ruby-GetText-Packageも使っていただいているようです。

そうそう、GnomeFilesもポチッとな。


October 21, 2006

[Ruby-GNOME2] 再始動!(?)

Ruby-GNOME2、かなり放置してしまったのでやらなきゃいけないことは山積してるんだよねー。年末までにはGTK+-2.10ベースのバージョンをリリースしたいなぁ。< と自分にプレッシャー。

ということで、まずはFedora Core 5のGTK+周りをアップデート。Ruby-GNOME2をインストールしてみたところ、Ruby/GTKでいきなり以下のようなウォーニングが出るようになっていた。

/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/glib2.rb: line 44
   GLib-GObject-CRITICAL **:g_boxed_type_register_static: assertion `g_type_from_name (name) == 0' failed
/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/glib2.rb: line 44
   GLib-GObject-CRITICAL **:g_param_spec_boxed: assertion `G_TYPE_IS_BOXED (boxed_type)' failed
/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/glib2.rb: line 44
   GLib-GObject-CRITICAL **:g_object_class_install_property: assertion `G_IS_PARAM_SPEC (pspec)' failed
/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/glib2.rb: line 44
   GLib-GObject-CRITICAL **:g_param_spec_boxed: assertion `G_TYPE_IS_BOXED (boxed_type)' failed
/usr/lib/ruby/site_ruby/1.8/glib2.rb: line 44
   GLib-GObject-CRITICAL **:g_object_class_install_property: assertion `G_IS_PARAM_SPEC (pspec)' failed

Ruby-GNOME2-0.14.1でも出るので、最近の修正とは関係ないらしい。
で、いろいろ調べていくうちに、GTK+-2.10.0でGTK_TYPE_TARGET_LISTが定義されたことで、もともとRuby/GTK2が内部でインプリしていたGTK_TYPE_TARGET_LIST周りのメソッドとバッティングしてしまっていたのが問題だった。
で、この問題は修正したので、とりあえずGTK+-2.10.xを使っている人は、最新版のCVSを使うと良いと思うよ。
・・・・リハビリにしてはかなりハードだった(苦笑)。