2001年1月

[前の月へ] [メニューへ] [次の月へ]

2001/01/08(Mon)

Linux-2.4.0がリリースされたのでさっそくゲット・コンパイル・インストール。SCSI周りが直っていたのと、あと、以前どうしてもわからなかったDRIが(何もしてないんだけど)有効になっているみたい(xdpyinfoでXFree86-DRIと表示されるようになった)。前のカーネル(2.4.0-test9)のバグだったのかなぁ。それほど違いはないような気がするんで本当に効いているのかどうかはよく分からないんだけどね(^^;)。

あと、ついでなんで、ALSAを0.5.10aにアップグレード。

2001/01/03(Wed)

ふと思い立ち、ジャストシステムのChocoというJavaベースの表計算ソフトのテクノロジープレビュー版を試してみる。が、重い....、重すぎる...。CPU 1GHzの時代にもはやAMDのK6-II 500MHzは時代遅れなのか....(T_T)。

2001/01/01(Mon)

いやぁ、21世紀ですね〜。今年の目標はずばり国際化(英語化)だぁ、てなことで、ひとまず英語のホームページを用意してみました。といっても全てのホームページを英語にするほどの気合いは無いので、ツール関係を英語化していこうと思うのですが、これが大変。つくづく自分の英語力のなさを感じてしまいました。というわけで添削してくれる人ぼしゅー。

そうそう、英語化第一弾としてmhcompactをソースも含め若干書き直しました。自分で言うのはなんですが実はなにげに便利なんですよね、このツール。
もし、Sylpheed, mew, Wanderlust等、MH形式のメーラを使っている人で、mhcompactをまだ使っていない方は是非使ってみてください。

カスタマイズ方法とかも書いてありますが、特に何も考えずに、
$cp -rf ~/Mail ~/Mail_org
$chmod +x mhcompact
$mhcompact ~/Mail 
とすれば良いと思います。
最初はたぶんものすごく時間がかかると思うのですが、メールサイズの10%程度の削減を期待できます。特に画像等のバイナリファイルが少ない時はさらにその効果は高いはず(極端な人では50%近くとかの人もいるかも)。
とはいえ、100MBのメールサイズが10MB分削減できてもあんまりうれしくないかな...。ハードディスク70GBとか平気で言っちゃう時代ですしね...(^^;)
[前の月へ] [メニューへ] [次の月へ]