2000年7月

[前の月へ] [メニューへ] [次の月へ]

2000/7/23(Sun)

JDK1.3のベータ版のリフレッシュ版(?)がリリースされていたのでJava Softから早速ダウンロード&インストール。
$java -version
java version "1.3.0beta_refresh"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.3.0beta_refresh-b09)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.0beta-b07, mixed mode)
$java -server -version
java version "1.3.0beta_refresh"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.3.0beta_refresh-b09)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 1.3.0beta-b07, mixed mode)
HotSpotのバージョンもあがっているので、ちょっと速くなってるんじゃないかなぁと期待して、 またMandelをやってみる
JDK Version JIT Rendering Time(msecs)
Sun JDK 1.3.0
(build 1.3.0beta_refresh-b09)
HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.0beta-b07, interpreted mode)33855
HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.0beta-b07, mixed mode)15840
HotSpot(TM) Server VM (build 1.3.0beta-b07, interpreted mode)38578
HotSpot(TM) Server VM (build 1.3.0beta-b07, mixed mode)24970
Sun JDK 1.3.0
(build 1.3.0beta-b07)
HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.0beta-b04, interpreted mode)39059
HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.0beta-b04, mixed mode)16113
HotSpot(TM) Server VM (build 1.3.0beta-b04, interpreted mode)39799
HotSpot(TM) Server VM (build 1.3.0beta-b04, mixed mode)22657
Sun JDK 1.2.2
(build 1.2.2-L)
nojit23972
javacomp(Borland)12250
IBM JDK1.3.0
(build cxdev-20000502)
nojit28903
jitc7105
一応、ちょっとは速くなってるみたいだけど、IBMに比べるとまだまだなのかなぁ....。

2000/7/22(Sat)

最近、RuWeexのmakeに力を入れてるんだけど、やっぱり、Ruby/GTKの文献が少ない → 開発効率が悪い。確かにGTK+のマニュアルを読めば大体のことはわかるんだけど、おいらはGTK+での開発経験がないから結構つらい。
まぁ、そんな感じだからこそチャレンジのしがいがあるんだけどね。
もしかしたらこういう人が他にもいるんじゃないかな〜?ってわけで、おいらの経験からRuby/GTKのTips集でも作れればいいなぁとちょっと思ってる。 他の人にも役立つかどうかはわからないけど、そういうのっていくつあっても困るもんじゃないしね。
あとはそれに取りかかる時間か....。Resource Editorもあるしなぁ....(^^;)。

2000/7/10(Sun)

最近、おいらがお邪魔している(大抵はRead Onlyだけど)技術系のホームページやメーリングリストで、 いわゆる荒しとは違ったとんちんかんな人が増殖している気がする。
どうとんちんかんかというとこうだ。
  1. 過去ログ(私が見ているところは大抵過去のやりとりを検索できるようになっている)なども見ずにいきなり質問をする。大抵はすでに過去に話し合われた内容だったり、きわめて基本的(というと誤解があるな。どっちかっつーと一般常識的と言った方がよりあっているな)な内容だったりする。
  2. 大抵は無視されるが、優しい人(や暇な人(^^;))が、情報源を教えてあげる。もしくはある程度噛み砕いて(おいらが見る分にはだいぶ丁寧に)答えてあげる。
  3. 大体は最後の方に、これからは過去ログを見るようにとか、まぁ、人に質問をする際の極めて一般常識と思える教えがついてくる。
  4. 質問者(とんちんかん)は馬鹿にされたと思って逆切れ。
ホントいい加減にして欲しいよなぁ。

そういう輩に限って自分の質問については誰かが答えるのが当たり前位に思っている。自分では大した努力もせずに。 そうそう、自分は技術力があるってことをアピールして、技術力がある自分に対してそんな答え方をするなんて失礼だというバカも多い。なんぢゃそりゃ?技術力があれば自分で解決すればよいでしょ。まったく、どっちが失礼かと客観的にみれないの?
違う土俵なのに、自分の土俵しか見えていないしそこだけで相撲が取れると思っている。
過去の栄光は役に立たないということを身に染みてないのだろうか。
今なんて1年前の技術は過去の技術位の意気込みでないと生き残れないんじゃないの?まったく。

2000/7/5(Wed)

話題のメーラsylpheedを試してみた。まだ、バージョンが低い(0.3.21)んだけど、それなりに使いやすい。
1.0になったら間違いなく乗り換えるんだろうな。

そうそう、sylpheedの良いところは、MewとかWanderlustなんかと共存できること。しばらくは両者を気分で使い分ける日々が続きそう。

2000/7/4(Tue)

自分のマシンの時刻がJSTではなく、EDT(どこ?(^^;))になってた。weex-jaメーリングリストで指摘されてしまった(-o-;)。いやぁ、全然気づかなかった....。というか、昔設定したから何らかのタイミングで変わっちゃったんだろうなぁ。時間系のrpmをアップデートした時に変わっちゃったのかな...。にしても、良く今まで気づかなかったなぁ>自分(^^;)。

2000/7/3(Mon)

RuWeexのRPMファイルをリリースしました。これでRedHat系の方はインストールが楽になると思います。specファイルを提供してくれたNoriさんに感謝。

ところで、specファイルからRPMファイルを作る時は、
$rpm -ba ruweex.spec
とするんだけど、なぜか、途中でエラーが発生してしまう。
$rpm -ba ruweex.spec
Executing(%prep): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.20059
/var/tmp/rpm-tmp.20059: fg: no job control
/var/tmp/rpm-tmp.20059 の不正な終了ステータス (%prep)
なんぢゃぁ?ってなことでいろいろ試したんだけど、rpmのバージョンをあげた(3.0.4 → 3.0.5)ら直った。そんなもんか(^^;)。

2000/7/2(Sun)

RuWeex-0.2.0をリリースしました。ようやくツールっぽくなったかなぁと思うので、良かったら使ってみてください。
[前の月へ] [メニューへ] [次の月へ]